Onit Documentation

混合レート案件 (Blended Rate Matters)

by Dana Edel Updated

クライアントとベンダーは時間レート(例えば200ドル)を案件上のタイムキーパーに対して合意する。そのレートはサプライヤー契約、または類似のもの、そして合意書の期限に従う、または満了しないように設定などの定義になっている可能性がある。

混合レートは当システム内において、案件プロセスにベンダー割当により設定されている。ベンダーは彼らのアカウント内の案件ようにこれを Billing Authorization 上で確認できる。

この料金取決めが案件に割り当てられるベンダーのために選択される場合、案件に請求する、どのタイムキーパーも当レートを使用すると期待される。クライアントの特定要件により、請求書上の適用レートが混合レートに等しくなければ、以下の四つのうちの一つが発生すると想定される:

1. 合意の混合レートより高いレートを請求するなら、BillingPoint は単位品目を混合レートに下げて自動的に調整する。

2. 合意の混合レートより高い、もしくは低いレートを請求するなら、BillingPoint は単位品目を高く、または低く自動調整して混合レートに合わせる。

3. 料金単位品目のどれもが混合レートより高く請求するなら、BillingPoint は請求書を成立できない。

4. 料金単位品目のどれもが混合レートより高い設定ならBillingPoint は請求書に警告を発する。


もしそれがVAT請求書なら、調整は許可されていないので、システムが警告を発するか、請求書を自動的に拒否する。

Previous Article 段階的ボリューム割引 (Tiered Volume Discounts)
Next Article オフィス所在地の更新 (Updating an Office Location)

© 2022 Onit, Inc.

docs.onit.com contains proprietary and confidential information owned by Onit, Inc. that is subject to copyright. Onit presents it exclusively to you for your sole use in conjunction with using Onit products. No portion of the materials contained herein may be used for any other purpose. No portion of the materials contained herein may be shared with third parties or reproduced in any form.