Onit Documentation

タイムキーパープロファイル更新後の異議申立クライントタイムキーパーレートの再提出 (Resubmitting a Disputed Client Timekeeper Rate After Updating Timekeeper Profile)

by Onit Academy Updated

1. 御社の請求連絡先はタイムキーパーレートがクライアントによる異議申立の対象になっている場合、メール通知を受領します。す。

2. もしクライアントがタイムキーパープロファイル情報(デフォルト・ラックレート、司法試験合格日、民族性情報など)に更新を要請しているのなら、あなたは異議申立レートを無効にします。

3. 望ましいクライアント内において、Timekeepersタブ下でPending/Disputed Ratesをクリックしてください。

4. そして、あなたのタイムキーパーのリストで承認待ちや異議を申し立てられているレートを確認します。Timekeeper’s Nameをクリックし、レート依頼を閲覧してください。

5. 右上隅のVoidを選択してください。

6. タイムキーパーのプロファイル情報を更新するには、クライアントドロップダウンメニューの

Master Settingsのクライアントビューから移動してください。

7. Manage Account TimekeepersをTimekeepersタブ下でアカウントタイムキーパーリストを選択してください。この頁はあなたのアカウントタイムキーパーとデフォルト・ラックレートをすべてリストします。

8. 更新する必要のある、タイムキーパー上のActions欄のEditをクリックしてください。

9. 必要に応じて、タイムキーパーのプロファイルを更新してください。赤い星印付きのどれも必須です(注釈:バー試験合格日および最初の開業年のみ必須、タイムキーパーが法学部卒業なら)。Update Timekeeperを一度クリックすれば編集は完了です。

重要:ラックレートを更新する場合は、新しいラックレート適用日同じ、または現行の提示ラックレートの適用日より後日でないといけません。当システムは各タイムキーパー用に入力される、最新のラックレートを表示します。

10. Confirm profileはあなたのスクリーン上成功メッセージとして更新されています。

11. あなたのクライアントビューに移動し、Timekeepersタブ下でManage Ratesをクリックしてください。

12. New Rateボタンをクリックしてください。

13. New Client Timekeeper Rate形式に記入してください。アカウントタイムキーパーリストからあなたのタイムキーパーを選ぶ必要があります。それの必至フィールドに記入してください。(注釈:適用日は請求する予定の時間以前になるべき)。あなたのクライアントがカスタムStatus Classificationを採用するなら、選択用のドロップダウンで入手可能です。承認のためにクライアントに送るためにタイムキーパーを送信してください。

14. クライアントタイムキーパーリスト上でPending Rate欄においてレートを提示した、新しいタイムキーパーがご覧になれます。

15. クライアントがレートを承認した時点で、そのレートはApproved Rate欄に表示され、そのレートでタイムキーパー用に請求できます。

Previous Article 異議申立クラインとタイムキーパーレートの再提出 (Resubmitting a Disputed Client Timekeeper Rate)
Next Article 異議申立クライアントタイムキーパーレートの無効化 (Voiding a Disputed Client Timekeeper Rate)

© 2022 Onit, Inc.

docs.onit.com contains proprietary and confidential information owned by Onit, Inc. that is subject to copyright. Onit presents it exclusively to you for your sole use in conjunction with using Onit products. No portion of the materials contained herein may be used for any other purpose. No portion of the materials contained herein may be shared with third parties or reproduced in any form.